子供の試合の応援

昨日は中学生の子供のサッカーの試合。割りと大きな大会の準決勝でした。因縁の相手のため、私も息子も朝からドキドキしていました。会場に到着すると他のメンバーや親御さんたちもパラパラ集まり子供よりも応援する親のほうが緊張でおかしなテンションになっていました。逆に子供たちは集まってみると割りとリラックスしてる様子で、どっちが試合をするんだ?という雰囲気でした。それから約1時間後キックオフ…先生も子供たちも声を出して気合い満々で頑張ってました。私たち親も思わず大声で叫んでました。前回はこちらが勝たせてもらった相手のチームも気合十分で…今回は徐々に押され気味の試合で、ハラハラしまくりながら観戦していました。前半に1点取られてしまいハーフタイム。後半、追う展開で頑張りましたが更に1点取られてしまい結果は2対0で負けてしまいました。子供たちはこの試合で引退となりました。終わった瞬間のあの子供たちの崩れ落ちて泣く姿を見ると、負けてしまったけれど今まで頑張ってきた思い出までもが込み上げてきて私まで泣いてしまってました。普段はぼーーっとしていて叱ってしまうことが多い我が子ですが今日ばかりは褒めてあげないといけないなと思いました。…が、試合が終わり帰宅すると、あー!終わった!!と言い、なんと、笑顔でメンバーとご飯を食べに行ってくると言って出ていってしまいました。なんだか、感傷に浸っていた私はなんだ?って思いましたが、逆に楽しませてもらったのかなぁと思うなんだか育児にも一段落ついたような1日でした。